WWW を検索 ブログ内検索

開店休業状態ですが2008/05/07

ついに月いち更新と成り果て情けない限りですが、書こうと思うこと、特に時事、政治について書こうと思うとそのある情報の元をたどったり、それにまつわる言説を追いかけたりしているとそれだけで大量の情報と、言葉の海におぼれそうになってしまい、そこでまた私があらたな言葉を書き加えると思うと、もうそれだけでめいってしまいそうになるのです。

たとえば光市の母子殺害事件について事件そのもの、その裁判と判決、遺族と被告と弁護団、死刑について私はどれだけの実感を持って語れるのでしょうか。

私は一方的な正義を信じはしないので、だからこそ死刑は廃すべきだと思い何度もそのことは書いてきました。死刑という応報的な、そう報復(刑罰ではない)を認めるのであれば、被害者、遺族、判決を下した裁判官、求刑した検察官、司法の長としての法務大臣が直接手を下して被告を殺すべきだと思います。刑務官などに代行させるのでは意味がない。当然公開の上で。それができないならば死刑は停止すべきで他の方法を考えるべきです。さすがにこんなこと言っている人はいない。あぁ、言ってしまった。

私は死というのは一方で現世からの解放、あるいは離脱といった意味合いを、特に仏教的思考を背景にすると持っているように思う。ホントのブッダの思考とは違うんだけれど。光市の事件の死刑判決直後に鹿児島では死刑になりたいといって殺人を犯した自衛官がいる。そしてこの国の自殺者は年3万人。そんなこんなを考えているうちにもう私の脳みそはだいぶんとろけはじめて何もえらそうに書けなくなってしまうというわけです。

だから猫のことでもお気楽に書いていればとか思っている今日この頃なのだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dek.asablo.jp/blog/2008/05/07/3484278/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。