WWW を検索 ブログ内検索

那須へ行ってきました2012/10/22


朝の犬猫みなしご救援隊栃木拠点

 20日早朝の犬猫みなしご救援隊栃木拠点です。犬たちの少し手荒い歓迎を受けながらも、朝夕少しお手伝いしました。ウンチ拾いとか(笑)。

朝の犬猫みなしご救援隊こゆき

 生後一週間のヤギの赤ちゃん、こゆきです。小屋に入れてもらって授乳にも立ち会うことができました。画像は翌日やっと撮れた一枚です。

 この動物たちを見ていると一匹一匹がいとおしくうれしくなってしまうのですが、3月11日の原発事故がなければたいていは住み慣れた家で家族と今も過ごしていただろうと思うと...。胸も熱くなりますが、別の感情でハラワタも熱くなってきます。

 そう、昨年7ヶ月預っていた楢葉町のミルくんは仮設暮らしももうすぐ一年。立ち入り制限が解除されてミルくんはなつかしい我が家がすぐわかったそうですが、草だらけで犬小屋にも近づけず、ストレスで体調もよくないとのこと。飼い主のKさんも先が見えない日々が続いています。ミルくんのことは右のカテゴリー、「福島のミルくん」からどうぞ。

DRT2012那須野ヶ原1

 そして災害ボランティアの技術力アップ講習会「DRT2012栃木・那須」。ガテン系の災害時に即応できる技能の講習です。

 参加者はもちろん建設、土木系の人もいますが女性や私のような個人参加も多く、講師にも大阪の森林ボランティアの若い女性がいたりさまざまです。

DRT那須野が原講習2

 技術的なところは私も覚えがあり場数も踏んできたつもりですが、やはり災害現場での対応は実際の経験者から聞くと全く違います。クラッシュシンドロームへの対処などはわかっていても難しいようです。

 一般のボランティアの活動を越える部分もありますが、この災害列島に住む以上各地域でこのような技術的に対応できるボランティアが必要なのも確かでしょう。

nakao君の別荘

 こちらは中学時代の同級生nakao君がセルフビルド中の那須町の隠れ家です。外観は大体できていますが、中は内装工事真っ最中。土日のみの作業でまだ完成まではしばらくかかりそうです。

 阿部素尚さんはお出かけで会えませんでしたが、強行軍をおえて何とか渋滞に巻き込まれる前に睡魔と闘いながら帰途に着きました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dek.asablo.jp/blog/2012/10/22/6610060/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。