WWW を検索 ブログ内検索

御案内2013/03/02

置きざりにされた命「ハル」公演

久々の更新です。年度末のばたばたの中、何とか確定申告を母の分までやっつけて気がつけば3月。ビキニデーは昨日か。10日が東京大空襲。そして11日、2年。あっという間という気はしなくてどちらかというと長く感じる。

来週末はいろいろとあるので御案内。

3月6日~10日 錬肉工房公演 「オイディプス」 田中純さん、塩田雪さんが人形遣いで出演します。

3月9日(土)「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」 これには行くつもり。そのあとに上野に行くという手もある。

3月10日は・・・ミル君を保護した犬猫みなしご救援隊からの御案内


犬猫みなしご救援隊 ・ ムカシ玩具 舞香 共同作品

置き去りにされた命「ハル」 ~ 警戒区域に残されたある犬の物語

日時 2013年3月10日(日)  開場 13:00   開演 13:30

場所 埼玉県狭山市入間川1-3-1 『狭山市市民交流センター』

アクセス: 西武新宿線狭山市駅西口下車徒歩約1分

東日本大震災から2年が過ぎようとしている今、置き去りにされた命 「ハル」が、2013年3月10日に埼玉県狭山市市民交流センターにて上演されます。

舞香さんの臨場感溢れる素晴らしいお芝居、竜馬さんが奏でる情緒豊かなバイオリンのメロディ、佐良直美さんも声での出演をしてくださっており、私たちの心に一石を投じる作品です。お芝居の後の中谷さんとのトークショーでは、いろいろな興味深い話をお聴きいただけます。

ぜひぜひご家族、ご近所、お友達、皆さまでお誘い合わせの上お越しください!


これは必ず行こうと思ってます。

なかなか思うようにはいかない2013/03/09

今日は「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」に行って、そのあと錬肉工房公演 「オイディプス」に向かうつもりだったけれど、昨日今かかわっている仕事に、ふってわいたようなアクシデント。こちらには全く責任はないのだが、なりゆきでかかわらざるをえずどこにもいけない。明日の「ハル」の公演だけは見に行こう。

終わらない、終わっていない2013/03/12

ふってわいた仕事の量が予想以上に多くて、今日も11時まで溶接していたが予定がこなせない。終わらない。

福島第一原発が爆発したのは今日だったか。まだなにも終わっていない。

昨日は仕事の手を休め、2時46分に黙祷。尋常ならぬ揺れにアトリエから飛び出してhidekoと見た道はうねるようだったことを思い出す。

日曜日には<置き去りにされた命「ハル」>を見てきました。その様子はこちら→犬猫みなしご救援隊 栃木拠点ブログ

もう寝ます。おやすみなさい。

なんとか明日から現場2013/03/18

8to11労働を4日なんてハードワークをなんとかこなして明日は5時出で現場。それにしてもこの仕事、スタディーモデルを作ったのは去年の5月、なんで竣工2週間前にこうなるのだろうか。

元請も仕事ほしさに安く入札し、監理も最低限の人材に絞って利益を出そうとする。当然下請けには見積もりは形だけ、仕切値で仕事を出す。下請けは断れない。監理は後手後手。もう現場には人を育てる余裕などない。50代60代が一線なのだ。

現場管理だけが厳しくなるばかりで末端は疲弊している。株価が上がろうが、大手メーカーが賃上げしようがなんの関係もない。正社員の待遇をあげる前に下請け、非正規労働に回すのが筋だろう。なぜ経営者も政治家も官僚も目の前のことしか見ないで十年後二十年後百年後の未来を思わないのだろうか。

松本行2013/03/26

 結局5日間現場に通って、仕事はやっときりがついた。日曜日は休んで月曜日(25日)、松本の姪夫婦と9ヶ月のあかりちゃんの新居のために表札を届けに行く。圏央道を使うと2時間半ほど。横須賀の現場よりよほど近い。

石川邸表札

 表札は楠の板に額彫り、前に作ったレリーフの残材だが木目もおもしろい。正方形なので裏に取付用のキーホール状の釘穴を2つ。

表札裏面

 この新居が建つまでには中古物件を見に行ったり、結局新築することになって、工務店の設計を私が直しに直してなんだか自分が設計した家が建ったようでうれしいのだけれど、木をもっと使うようにすすめたが結局外壁は新建材(これは防火上、法的に仕方ないが)、内装は石膏ボードにクロス張りというのがちょっと残念。

石川邸

あかりちゃんの泣き顔。おまけ。

泣くのも仕事 あかりちゃん

ひととき-母の投稿2013/03/27

ひととき

八十八になる母の投稿が2月19日の朝日新聞「ひととき」欄に掲載された。中に出てくる料理教室はかすかに覚えている。私のおぼろげな記憶をたどっても7人家族を切り盛りする労苦は並大抵ではなかっただろう。感謝しかない。

その頃から母は「ひととき」に投稿していて、それは小遣いかせぎだったのだと近年聞いた。朝日新聞を退社した従兄に過去の掲載を探せないものかと聞いたがとても無理な話だそうだ。いつか読んでみたいものだけれど。

雨の花見2013/03/30

稲荷山公園の桜

霧雨の中、予定通り稲荷山公園にて花見敢行!桜は満開なのだが...。寒い!