WWW を検索 ブログ内検索

熊本地震遭遇記 4月14日2016/04/14

 熊本のM町に暮らす母は今年92歳になる。昨年の酷暑には軽い熱中症か?というようなこともあり、一人が気楽といい文字通りの晴耕雨読の日々だがさすがに弱気になることも多くなった。この正月に帰った折にもっと頻繁に帰省することを約束した。

 4月14日木曜日朝家を出るといつものソラシドエア機で2時に熊本空港に着く。レンタカーを借りて益城町のまだ麦が青い水田地帯を抜けてM町へ。家につくとまずは買い出し、ホームセンターで畑にまく鶏糞など、スーパーで刺身やノンアルコールビールを仕入れる。畑でアスパラやあしたばを収穫、年々勢いを増すように見える草。いつもついた翌日は草刈りからはじまる。

 夕食は野菜の天ぷらに天草の鯛の刺身、小アジの南蛮漬け、野菜も魚も新鮮でこれに勝るものはない。テレビを横目で見ながら母と取り留めのない話をする。話も尽きて母は台所に立って洗い物をはじめた。

 21時26分 ドン、ガガガガー、座椅子に座っていても体が揺さぶられる。隣の部屋の仏壇が倒れる。ガシャンというものの割れる音が響く。「母さん、大丈夫」叫ぶと母が這うように戻ってくる。どのくらい揺れていただろうか。一瞬停電したがほどなく回復、母には居間の座卓の下で横になってもらう。意外と落ち着いている。耳が遠いというのが幸いしているのかもしれない。何を話したかも覚えていない。

 時々大きな揺れが来る、それも今まで経験したような ゆさ、ゆさゆさといった感じの揺れ方ではなくいきなり ドン、ガタガタと来る。直下型地震なのだ。

 家の中を見回ると板の間のサイドボードの上の焼き物はほとんど落ちて割れている。母の寝室の灯具が落ち、台所の開き戸の食器棚も中身が散乱している。井戸なので電気が来ていれば水は出る。ガスはプロパンだがたぶんマイコンメーターが遮断しているだろう。家自体に大きな支障はなさそうだ。

                                 4月14日23時37分

 築23年ほどの小さな平屋で居間は4畳半、ほぼ中央に位置している。テレビ以外に倒れるようなものもないし、壁の傾いた額を下におろしておけば余震があったとしてもまず大丈夫だろう。仏壇だけは何とか元に戻した。夜だから無用に動き回るのはやめて居間に横になってテレビを見る。倒壊した家屋もあるようだが断片的な情報で全体像は見えない。古い携帯電話はあまりつながらないので、黒電話でかけてみたり、ショートメールで無事を伝えたりした。誰に連絡し誰から連絡があったかあまり覚えていない。

 最初の揺れが震度7、震度に7以上はないのだから最大震度ということだ。後で調べると益城町で震度7、ここM町では震度6弱、震源は北東に約6キロ、地下10キロだった。日付が変わるまでの2時間半の間に震度6弱と5弱が一回ずつ、震度4が9回、震度3が6回と揺れているのだ。もちろんM町でこの震度だったわけではないが。(つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dek.asablo.jp/blog/2016/04/14/8219527/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。