WWW を検索 ブログ内検索

熊本地震遭遇記 4月15日朝まで2016/04/15

 日付が変わってまたガンッと揺れる。大きい。0時3分、震度6強(M町では6弱)。仏壇がまた飛ぶように倒れる。どうするか、母を連れて家を出るか、公民館?車の中?外の様子を見てもそんなに立て込んだ地域ではないが、近所の人の姿も見えない。家は大丈夫そうだ。母は「あんたがおってくれたけんほんとよかった。こぎゃんこつは初めてよ。ひとりだったらどぎゃんしてよかか、パニックたい。」というようなことを何度も言っていたような...気がする。

 この時の震源は家から東北東に2.7キロしか離れていない。深さが10キロくらいだからほとんど震源の真上だったとわかったのはずっと後になってからだ。

 もう老母を連れてまだ冷え込む外に出て右往左往するよりここにいようと覚悟した。もう一度家の中を見回り、母にも貴重品、履物、上着、ちょっとした着替えなどを枕元に置くように言って、私も毛布や、飲み物を探して4畳半に集めた。テレビでは断片的、局地的な情報を繰り返している。横になる。記録だと1時53分にやはり直下の震源で5弱の揺れがあったようだがあまり覚えていない。明日何とか片付けよう。休もう。あまり眠れない。

         倒れた仏壇(4月15日0時26分)

 午前0時から朝9時まで 震度6強1回、震度5弱1回、震度4 7回、震度3 14回。
一度強い揺れを経験するとやはり慣れるのである。ただ震度5弱と6強では次元が違う。さらに7というのはどんな揺れか、益城町の惨状を見ればよくわかる。震度5と6には弱、強とあるがこれは5、6、7、8と表した方が体感に近いだろう。

 やっと外が白み始める。九州の朝はおそい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dek.asablo.jp/blog/2016/04/15/8226240/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。