WWW を検索 ブログ内検索

江戸糸あやつり人形芝居を見る2016/12/11

 11月の末、あいにくの雨だったが江戸糸あやつり人形芝居(おどらでく)の公演に出かけた。

 行きがけに電車に揺られながら読んでいた本に、旧約聖書の「主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶかを見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。」(創世記2・19)の引用から名づけについて語られている。
 新約にはヨハネの福音書に有名な「はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり、言葉は神であった。 言葉は神と共にあった。 万物は言葉によって成り、言葉によらず成ったものはひとつもなかった。」という一節がありよく引かれる。
 私にはこれにずっと違和感があり、言葉の前に「もの」の存在があっただろうと思っていた。ただそれ以上深くは考えなかった。ものつくりはそんなこと考えているより何か作ったり壊したり撫でまわしたりしている方が好きなだけだが。
 そこで先の旧約の言葉に出会って、名づけということより神が獣を鳥を土で形づくったというところに引き付けられた。土で形づくると言えばこれは彫刻に他ならない。私も彫刻家の端くれなのでここに引っかかるのだ。
 人間が「もの」を作ってきた起源をたずねると、まず尖った石を手にして何をやったかといえば形を作ったのであり、それは二次元に還元せねばならない絵画的表現に先んずるだろう。

 人形芝居に話を戻す。演者である田中純さん、塩田雪さんについては前に書いている http://dek.asablo.jp/blog/2012/05/27/ 。田中純さんは結城座の結城孫三郎といったほうがわかりやすいかもしれない。第11代孫三郎の名を返上、結城座を離れて26年になる。今回はこの5月に続いての早稲田「あらら・からら」での公演。今回は東海道中膝栗毛より卵塔場の場、太鼓のみで蔦紅葉宇都谷峠文弥殺しの場である。
 半年ぶりだけれど八十歳を超えてますます研ぎ澄まされた糸遣いに見入ってしまう。塩田さんもこの数年で吹っ切れたようによくなっている。前回は義太夫、三味線がついたが、太鼓のみだとみる方も舞台に集中して操る人も背後から消えて人形だけがそこに生きているように見えてくる。初めての感覚だった。
 配られた"態"と題された冊子に「人形とは創られ形代であり、又人形遣いも形代と云える」「古くは人形としての形代は実(むざね)で神であった」とある。精霊は形を通して現れるのであり、依り代として様々な「もの」「形」がまずあるのだろう、旧約の「・・・形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか」にも重なるのではないかなどと勝手に思いは巡る。「青農」から態へ、態から心へと論は進むのだが冊子を短くまとめるなどとてもかなわないのでこれ以上はやめておこう。
 田中純さんの人形芝居を初めて見たのが20年くらい前で今回と同じ演目、やはりあらら・かららでの公演だったが確かな記憶はない。今回の幕が下りてから、これからは演目のひとつひとつを演じ納めていくつもりだとおっしゃった。ということは見る方も見納めと...そう観客も覚悟を求められるのだ。

 「・・・それは心だ。態から抜け出した心だ。その心を観客が心を持って発見する。それが芸だ。その一座建立こそが芝居のだいご味だと思う。それには自己確立がなければならない。一人一人が自己の時間を持つ。時間とは思考だ。」

熊本地震遭遇記 その後2016/12/31

 その後、福岡で休養して資材をそろえては二度熊本へ往復する。粗大ごみ、不燃ごみの山を集積所に運ぶ。強風で屋根のシートが剥がれ張り直したり、タンスや棚の類を徹底的に固定し、壊れた照明器具を付け直す。水回りの緩んだ水栓やふろ場の割れたタイル目地の補修などなど。一応生活に支障のないレベルは取り戻せたか。母も一人で大丈夫だというので、4月27日埼玉に戻った。

 それから5月末から1週間。8月には工具類を積んでフェリーで行って10日間、この時は倒壊した墓所を2か所、クレーン車を借りて直した。いつも頼んでいる石屋さんが作業場も自宅も全壊で動けないというので、石の仕事は専門なので自分でやることにして一人でも何とかなったのだが折からの猛暑で炎天下での作業環境は最悪だった。倒壊しないように墓石の中心に直径2cmほどの穴をあけステンレスの棒を差し耐震シール材で止めていく。結局石塔で八基ほどを建て直した。おまけで墓参りに来た母方の祖父を知るという方にうちの灯篭の笠も直してくれないかと云われ、これもご縁ですからと直して差し上げた。この辺はよろず承りますのものつくりの強みなのだ。

 しかし暑かった。私も刈り払い機で畑の草刈をしたが6,7月を放置して腰より高く生い茂る夏草に苦戦。地震からまだ4カ月にもならない、みんな休む余裕もないのか、日陰もない路肩の草刈をしている人たちや、屋根の上の瓦職の人たちを見かけると本当に事故のないように、熱中症を侮らないでとわが身も合わせて祈るしかない。それから9月末、11月半ばと通っている。屋根はまだ職人の手が回らずブルーシートが傷んできたので耐候性のあるシルバーのシートに替えた。

 これがざっと4月14日の前震から今に至る経緯である。全く私的な覚書のようなもので特別なものは何もない。私の母の場合、家の損傷が大きくなく、九十を超える高齢の一人暮らしにも係わらず重い持病もなく、ほんとうにたまたま私が居合わせ、しかも隣県に一時避難が可能な親族がおり、おまけに私が時間の融通がきく大工も石工も兼ねた暇な自営業だったという幸運が重なったので、こうしてのんきな話を綴っていられるだけなのだ。どれか一つの条件が欠けただけでもたぶん二週間後にはだいたい元の生活に戻れましたなどと報告はできなかっただろう。私が個人的に知る人だけでも住めなくなった全壊した家が五軒を数える。

 このような災害がもたらすものは個人、家族によって想像をはるかに超える違い、差異がある。被災の程度、身体の状態、年齢、性別、住居、仕事、経済、血縁者や友人の有無、避難先の有無...etc.etc. だからほとんどの私的レベルの問題は一般化して語ると何かがこぼれ落ちる。それだけに行政などの対応も手探りでその混乱を一方的に責めることはできないだろう。それでも阪神淡路大震災から中越地震、東日本大震災を経て蓄積されてきたものは行政にも、民間にも確かにあって大きな混乱はなかったように思う。また丁寧にこぼれ落ちるものを拾い集めできる限りの手当てをし、いつ来るとも知れぬ次の災厄に生かし備えねばならないのだ。

 その後も熊本の余震もあるが鳥取地震があり、福島県沖、茨城県北部など地震が続いている。話題にならないがトカラ列島近海でもずっと揺れが続いている。この国に住む限り被災地への支援を考えることはもちろんだが、どこにいても自身が被災者になる可能性を忘れずに備えておくことが必要だろう。

 震源地、震度のデータや地殻変動のデータなども整理しておこうと思ったのだが、最近出た本なども目を通してから改めてということにする。

※これまでの記事は右の熊本地震のカテゴリーからご覧ください。