WWW を検索 ブログ内検索

訃報 太田拓美2017/01/09

拓美ちゃんが死んでた。花げし舎のホームページを覗いていたら「さよなら、太田拓美さん!」などと書いてあるじゃないか。なんだよこれ。知らないよ。聞いてないよ。すぐに久田恵さんに電話すると昨年10月自宅で発見されたときはすでに亡くなっていたと...。点鬼簿に書き加えるにはあまりにも早くないか。

昨年4月、私が熊本から帰った3日後、銀座のギャラリー悠玄での個展で「光のサーカス シルク・ルミエール」アコーディオンを伴奏にした影絵が地震にくたびれた私の心身にしみいるようだった。これからはこういうアナログな表現こそ求められるなどと話もたし、5月の末には私のアトリエにも来てくれた。ご母堂が亡くなったのが少し辛そうだったがこの年齢でお互いの生活の中まで立ち入って話したりはしなかった。

   

太田拓美。出会ったのは1973年4月神田神保町の美学校。彼はすでに人形劇団ひとみ座で人形美術をやっていたので、私のような浮ついた遅れてきた反抗期みたいな軽薄さは全くなく、年長、痩身長躯のそのひょうひょうとした物腰がすでに自分の世界を持っているように見えてそしてそれは確かにずっと変わらなかった。人形劇の世界から、陶人形、切り絵、イラストレーション、影絵と自在に表現してきてこれからさらにその世界を深めていくはずだった。

                   ただただその冥福を祈るほかはない。合掌。

   

HOMMAGE A TAKUMI OHTA スライドショー                                 https://www.youtube.com/watch?v=t2rSjxyNstw

   

太田拓美フェイスブック           https://www.facebook.com/takumi.ota.50

   

花げし舎のブログ

https://hanagesisha.jimdo.com/2016/12/26/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E5%8A%87-%E5%A4%89%E8%BA%AB-%E5%85%AC%E6%BC%94-%E7%B5%82%E4%BA%86-%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6-%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%AA%E3%82%89%E5%A4%AA%E7%94%B0%E6%8B%93%E7%BE%8E%E3%81%95%E3%82%93/

   

Puppet Houseのブログ           http://puppet-house.com/blog/?p=1560

   

私のブログでの過去の記事        http://dek.asablo.jp/blog/2007/07/03/                                  http://dek.asablo.jp/blog/2010/06/18/

本年もよろしくお願いします2013/01/07


機上から見る富士山

 今日、九州より戻りました。機上から富士山が良く見えました。この山に引きつけられるのはなんなのか、言いがたい磁力あります。

桜井神社の狛犬

 こちらは福岡で義姉や姪と初詣した福岡糸島の花井神社の狛犬。なかなかユーモラスな表情です。

母の畑の蝋梅

 熊本は関東より底冷えして、母の畑では蝋梅が見ごろでした。

 5日、44年ぶりの同窓会はおよそ三分の一、百名ほどの出席で盛況。気分は中学生?久しぶりに日付が変わるまで旧交を温め楽しみました。先生方の大半が鬼籍に入っていたのが残念。

ボストン美術館展

 飛行機のチケットが取れなかったので6日が空いてしまったけれど、九州国立博物館に足を伸ばして東京で見損なった「ボストン美術館・日本美術の至宝」を見ることができました。ボストンで見たのは32年前だし、たぶん展示されていたのは一部だろうから新鮮でした。これだけのものをまとめて見れるのは国内でもなかなかないでしょう。

 彫刻がないのがちょっと残念だったけれど、鎌倉以前と室町以降の質的な変容と、江戸にいたっての等伯、光琳、蕭白の革新が実感できるものでした。楽しめました。

 それにしても明治以降の戦争以外の最大の失策は廃仏毀釈でしょう。まぁ幕末からその動きは始まっていたわけだけれど、一度失うと取り返しのつかないものがあるということを忘れてはいけません。

古川泰龍回顧展2012/12/14

古川泰龍回顧展
 もう始まっておりますが。ぜひお運びください。

白水工房2012/12/04


 それにしても自分の遅筆ぶりにあきれてしまう。いまごろ先週のことを書いている。まぁ、400字の原稿を頼まれて一週間かかったこともあるのでこれはしようがない。でこれは明日が最終日だということなので。

 先日、工房関係の名簿の異同を確認していて、そういえば宮崎に帰った瀧本君はどうしているだろうと思って検索してみると、ちょうど1日から窯開きの展示会を開くところだった。なんというタイミングのよさ。
早速電話をすると築窯して2度目の窯開きとのこと。おめでとう。

 瀧本徳郎/白水工房のホームページ

 田舎に行くと土地も空気も空も水も食べ物もあるのだけれど現金収入、金がないのだ。これは田舎に行くとよくわかる。子どももいる。これは大変なのだ。といって何ができるわけでもないけれど応援するよ!

 下の画像は彼がメキシコに行く前にいただいた湯のみ。ずっとこれで焼酎のお湯割りを飲んでいる。



「画廊の系譜」展2012/12/02


淺川邦夫さんat足利市立美術館


 足利市立美術館「画廊の系譜-淺川コレクションと1960~80年代日本の美術-」を見る。12月24日まで。

 浅川邦夫さんの画廊春秋は美学校と縁が深かった。私自身は発表しなかったが70年代半ばから人の展覧会にかこつけては通っていた。浅川さんの50年代からの蓄積とサロン的雰囲気が独特だった。いろんな人と出会い、酔った。

 今回の展覧会はその浅川さんの長い画廊生活の中で手元に残った作品を展示している。これだけ流れとして概観できるような作品群は貴重で、ひとりの貫かれた画廊主の目つきがそこにある。また戦後の美術を画廊という切り口で問う試みもおもしろい。様々な表現があったとして画廊の存在抜きには私たちはそれを共有できなかったのだから。図録の巻末に10人ほどの画廊関係者と批評家へのインタビューもある。

 ちょうど浅川さんのギャラリートーク(画像)の日で途中からだけれど画廊人としての作家との関係や視線を聞くことができた。敗戦時にもう成人であった作家の持つ浅川さんの表現を借りると「ウェット」な作品と、大体敗戦時に十代であった作家たちの「カラカラ」した作品。たぶんそれはすべてがひっくり返った敗戦を体験しての前のめりの確信があって、言葉にすると「これでもか」「これならどうだ」といった感じか。それに対する「これでいいのだ」という肯定感もあるが、それもこれも資本と欲望の装置に回収されて突き進んでしまった。

 そして今に至ってみると「それでどうするの?」というのが一番正直な感慨なのかもしれない。そこからは大きな物語や声ではなく一人一人から「こうしようと思う」「こうしたらどうだろう」というところからはじめることしかないだろうと思う。

 24日に浅川さんから丁寧な礼状をいただいた、恐縮。何よりのクリスマスカードです。(12月26日追記)

 美術館のリンクはすぐ切れるだろうからHPから案内を引いておく。
-------------------------------------------------------
 戦後の日本美術を考える上で、画廊の存在はきわめて重要なものであり、美術家と画廊との関わりを通して、多くの名作が生まれてきました。中でも「南画廊」(1956-1979年)は、1950〜70年代の美術にとって、なくてはならない存在として知られています。

 浅川邦夫(1932年- )は、「南画廊」の開廊当初からその運営に関わった後、東京・銀座にて「画廊春秋」(1968年-2003年)を経営し、長年の活動を通じて多数の作品を蒐集するにいたりました。足利市立美術館では、これらの作品の内、絵画、彫刻、写真をはじめとする700点あまりの寄託を受け、「浅川コレクション」と名付けて収蔵しています。本展では、その中から1960〜80年代の作品を中心にした約90点を展示いたします。

 これらの作品には、浅川と美術家との濃密な関わりの中で制作され、「南画廊」あるいは「画廊春秋」という場を通して世に出たものが多く含まれています。そこには、画廊自体があたかもギャラリストの分身であるかのような強い個性をおび、そうした場で美術家が歴史の一端をつくっていった、当時の美術のあり方を見て取ることができるでしょう。

 出品作家
靉嘔/秋山祐徳太子/阿部浩/新井リコ/池田龍雄/池田満寿夫/今泉省彦/今井俊満/瑛九/遠藤昭/オノサト・トシノブ/小野忠弘/貝野澤章/加納光於/菊畑茂久馬/工藤哲巳/駒井哲郎/桜井孝身/篠原有司男/清水晃/澄川喜一/瀧口修造/田中繁一/谷川晃一/玉征夫/堂本尚郎/中西夏之/中根明貴子/鍋田庸男/難波田龍起/藤松博/細江英公/三木富雄/宮迫千鶴/森田玖吾/山口長男/吉野辰海(五十音順、敬称略)
-------------------------------------------------------

太田喜八郎展2012/11/05

太田喜八郎展

今日始まりました。京橋で日曜日までです。

高梨裕理 展2012/10/19

高梨裕理展

横浜で今日からです。行けなかったらごめんなさい。

齋藤輝昭『相馬野馬追祭』を描く2012/09/09

齋藤輝昭『相馬野馬追祭』を描く

新狭山のギャラリー麦で開かれている齋藤輝昭さんの展覧会に行ってきました。今年復活なった相馬野馬追祭。いつもの絵とは違いますが相馬出身の齋藤さんが描き続けてきたテーマです。16日(日)まで。

ちょっとベルリンへ2012/09/07

 仕事の納期が少し延びたので今日は早仕舞いでちょっとベルリンを覗きに上野まで。西洋美術館の「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」。金曜日は夜8時まで開いているのであわてる必要もない。少しは行列覚悟で行ったが拍子抜けするほどすいている。

ベルリン国立美術館展

 しばらくヨーロッパに行く予定もない!?のでしっかりと見ておこう。学べるのタイトルどおりに教科書や画集で記憶する作品がそこここに。思ったより彫刻が多くてうれしい。それにしてもどの作品にも通底するこの濃厚な密度には何度見ても驚く。確かに人だかりの先のフェルメールの絵には少し違う光があってこれが人をひきつけるというのもよくわかる。

 もう一点のフェルメールも都美術館「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」で上野におでましだ。まだ充分時間があったので覗いてみるとなんと40分待ちの大行列。同じ「真珠の耳飾りの少女」でもあの青いターバンの威力か。こんな大行列は勘弁なので踵を返す。これは絶対見なくてはとか、せっかくここまで来たのだからといった気持ちは全く起こらない。年か。

 この前は工事中だったが公園の広場の両側にはカフェなどできてすっかり様変わりしてしまった。ここに来る度にあのブルーシートの小屋住まいの住民たちの行方が気にかかる。そういえば渋谷でも近頃排除されたと聞く。きれいに整備されればされるほどなんだかうそ臭い空間になってしまう悲しさ。

 まだ7時前なので官邸前に日比谷線で移動。霞ヶ関の出口を地上に出るといきなり経産省前のテント村のまわりが人で埋まっている。そして太鼓とシュプレヒコールの大音響。これは苦手だちょっと近づけない。大きな音を出して騒げばよいという発想は「大きな音ですね」と言った野田と同じ感覚じゃないか。

 官邸に向かっていくと六本木通りの交差点まではほとんど人もいない。議院会館側は規制されていて、官邸に続く道は一本だけで狭い歩道で動きが取れない。官邸に近づくのはあきらめて、国会前へまわる。そこかしこでトークやらシュプレヒコールをやっているが、同じような言葉がループするばかりであまり効果的には思えない。

 それでも、これだけの継続する直接行動はこれまでなかったことだ。私は黙って立っていよう。抗議し糾弾する側も声を荒げてばかりだと小さな声が聞こえないこともある。大事なことがこぼれ落ちないように。

議事堂は赤信号
議事堂に赤信号

上田亜矢子展・西島千春展2012/06/30

 二つとも今日までなので、新宿で用事をひとつ片付けてまずは麻布台へ。

上田亜矢子展

 上田亜矢子展 外苑東通りから行き止まりのおしゃれな住宅街の一角の小さな画廊。画像は入口脇のニッチに置かれた作品。

西島千春展

 西島千春展 こちらは現在建設中の歌舞伎座の隣。銀座も久しぶり。ただの打ち込まれた古釘だけど・・・一木です。いずれも掌中に納まるほどの小宇宙です。